水彩が苦手な人にもオススメ!進化している水彩画材

みなさん、とうとう春になってきましたね!
春生まれのデザイナー 田下です。

心地よい風にふかれて、のんびり景色を眺めていると、
水彩画を描きたくなってきませんか?

・・・。私は、描きたくなるのです。(まれに)

今回は、便利な水彩グッズを見つけたので、プチご紹介です。
こういったものを見ると、時代の進化に感動させられますね。

便利な水彩グッズ

学生時代によく使っていた、水彩画材!

当時は準備も洗う手間も大変でした。

「よし、塗るぞ!」となっても、筆に含ませる「水の量」の調整が難しかったものです。。
今では、指圧調整できるペンタイプの筆が登場しています。

洗う手間はあまり変わりませんが、
塗りやすさに関しては、指圧で水が出せるのでとてもありがたい。

キャップもついていて、お片付けも楽々です。

パレットも100均で、使い捨てできるタイプのものが出ていたり。
絵の具も、カラーが豊富になってきていたり。

便利すぎて、すべて愛用しています。

ちなみに、私が水彩で大切にしていること(場合にもよりますが)
・「色づくり」を楽しむこと
・筆にたっぷりと「水」を含ませること
・塗る順番
・水を引っ張りながら塗る


水彩画が苦手な方でも、楽しくペンのような感覚で
気軽に使える、
水彩グッズです!

水彩をする際は、ぜひお試しあれ。

以上、水彩グッズのプチ紹介でした!

この記事を書いた人

田下 みか

加茂市出身、グラフィックデザイナー。 女性向けのデザインを特に得意とし、名刺やカタログ、パッケージなど、さまざまなグラフィックデザインの制作に携わっている。