あなたのネットショップ!お客さんは誰ですか?

90faf38802e980efc37c3a15020611aa_l

みなさん、こんにちは!

ECコンダクターの武石です。

今日は総務省から発表されているネットショップの世帯別利用統計についてお話しさせていただきます。

こちらを読んでいる方でもおそらくほとんどの方がネットショップを一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

実際総務省における「家計消費状況調査」でも2002年から2015年にかけて5.2倍の利用の増加が確認されています。

1 

ネットショッピングが急増している理由としては出品の簡素化や出品コストの低額化等多くのことが考えられますが、大きな要因のひとつとしてスマートフォン利用者数の増加が考えられます。

スマートフォン利用者の増加に伴いこれまでパソコンを使えなかった世代も安易にネットショッピングを楽しめるようになっています。

ネットショッピングを利用した総支出額は50歳代の世帯が最も多く、年間で15万6千円という結果が出ています。
2
ネットショップの利用割合では39歳以下の世帯がトップですが、支出額では前記のように50歳代の世帯が最も高くなっています。


その理由としては、下記グラフのように支出額の高い旅行関係の利用が多く、旅行関係の利用が最も多い60代に比べネットショッピングの利用数が多い、この二つの要因で50代がトップになっていると考えられます。


3
ネットショップを運営している方はどこの世代をターゲットとして運営しているでしょうか。子育てや仕事もひと段落し、金銭的にも時間的にも余裕がでて、ネットショッピングを活用できる50代が一番支出額の多い世代ということがわかります。

商品やサービスによって異なってはいきますが、どの世代の利用数が多いのか、支出額が大きいいのか、常に成長するネットショップの新しい情報を踏まえて運営を行わなければならないと気付かされます。


この記事を書いた人

武石 ナオユキ

株式会社muku.管理部 部長の武石です。
大きくて力持ち!一度見たら忘れられないようですぐに覚えてもらえます!
三条市内を中心に飛び回っています!!