【muku.ブログ】 muku.note
株式会社muku.

【補助金情報】小規模事業者持続化補助金の募集が始まりました!

お金のイメージ

みなさん、こんばんちは。
代表の田中です。

日本商工会議所より「平成28年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金」の募集が
11月4日より始まっています。

この補助金は販路拡大の為や業務改善の補助金として使用できます。
補助金の詳細について説明したいと思います。

補助金の概要

補助金の締切

受付開始:平成28年11月 4日(金)
受付締切:平成29年 1月27日(金)[締切日当日消印有効]

補助率等

補助率:補助対象経費の3分の2以内
補助上限額:50万円
※75万円以上の補助対象となる事業費に対し、50万円を補助します。
※75万円未満の場合は、その2/3の金額を補助します。
※事業内容によっては、補助上限が100万円となる場合があります。

補助対象者

製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人 事業主)であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業 (宿泊業・娯楽業は除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下) の事業者であること。

※日本全国の事業者が対象です。
※上記に該当すれば、業種は問いません。
※本事業の補助対象者となる小規模事業者の定義は、商工会及び商工会議所による
 小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)第2条と同義です。

卸売業・小売業常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外)常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他常時使用する従業員の数 20人以下

補助金の用途:販路拡大

  • 新商品を陳列するための棚の購入
  • 新たな販促用チラシの作成、送付
  • 新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)
  • 新たな販促品の調達、配布
  • ネット販売システムの構築
  • 国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加
  • 新商品の開発
  • 商品パッケージ(包装)のデザイン改良(製作する場合、事業期間中にサンプルとして使用した量に限ります。)
  • 新商品の開発にあたって必要な図書の購入 ・新たな販促用チラシのポスティング
  • 国内外での商品PRイベントの実施
  • ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言
  • (買物弱者対策事業において)移動販売車両の導入による移動販売、出張販売
  • 新商品開発に伴う成分分析の依頼
  • 店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。)

補助金の用途:業務効率化(生産性向上)の取組について

【「サービス提供等プロセスの改善」の取組事例イメージ】

  • 業務改善の専門家からの指導、助言による長時間労働の削減
  • 従業員の作業導線の確保や整理スペースの導入のための店舗改装

【「IT利活用」の取組事例イメージ】

  • 新たに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する
  • 新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事
  • 給与管理業務を効率化する
  • 新たに POS レジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する
  • 新たに経理・会計ソフトウェアを購入し、決算業務を効率化する

muku.ができること

当社では、これまでも多くの企業・個人事業主様に補助金取得への
書類製作のアドバイスを行なってまいりました。

もし、補助金への申請をお考えの方はお気軽にご相談下さい。

平成28年度 小規模事業者持続化補助金 公式サイト
http://h28.jizokukahojokin.info/ippan/

田中 えいじ

この記事を書いた人

田中 えいじ

株式会社muku.代表取締役。 デザインに経営の考え方をプラスしたブランディングサービス「Branmotion」を提唱。メガネがよく似合う。中小企業庁 ミラサポ 認定専門家。新潟県商工連合会 エキスパートバンク 認定専門家。

トップへ