事業承継補助金の公募が始まりました

みなさん、おはこんばんちは。
中小企業庁ミラサポ専門家の田中です。

4月15日(月)、中小企業庁から平成30年度事業承継補助金の公募がはじまりました、この補助金は「事業承継」を対象にした補助金です。

公式サイトでは次のように書いてありました。

引用文:事業承継補助金は、事業を引き継いだ中小企業・小規模事業者等が行う 事業承継後の新しいチャレンジを応援する制度です。

補助金の説明

補助金の目的

先にもありました通り、事業承継のタイミングで使える補助金です。

この補助金には2種類の事業承継に対応しています。2種類は次のとおりです。

【Ⅰ型】後継者承継支援型

経営者交代による承継の後に 新しい取組を行った方を補助します

対象となる取組
「親族内承継」「外部人材招聘」など

【Ⅱ型】事業再編・事業統合支援型


事業再編・事業統合の後に新しい取組を行った方を補助します

対象となる取組
「合併」「会社分割」「事業譲渡」「株式交換・株式移転」「株式譲渡」など

補助金の申請受付期間

2019 年 4 月 12 日(金)~2019 年 5 月 31 日(金)19:00 ※必着(時間厳守)
※締め切り日時を過ぎた登録申請は受け付けないので注意すること。

補助対象経費

補助対象経費は次の通りです。

費目名 概要
Ⅰ.事業費
人件費 本補助事業に直接従事する従業員に対する賃金及び法定福利費
店舗等借入費 国内の店舗・事務所・駐車場の賃借料・共益費・仲介手数料
設備費 国内の店舗・事務所の工事、国内で使用する機械器具等調達費用
原材料費 試供品・サンプル品の製作に係る経費(原材料費)
知的財産権等関連経費 本補助事業実施における特許権等取得に要する弁理士費用
謝金 本補助事業実施のために謝金として依頼した専門家等に支払う経費
旅費 販路開拓を目的とした国内外出張に係る交通費、宿泊費
マーケティング調査費 自社で行うマーケティング調査に係る費用
広報費 自社で行う広報に係る費用
会場借料費 販路開拓や広報活動に係る説明会等での一時的な会場借料費
外注費 業務の一部を第三者に外注(請負)するために支払われる経費
委託費 業務の一部を第三者に委託(委任)するために支払われる経費
Ⅱ.廃業費
廃業登記費 廃業に関する登記申請手続きに伴う司法書士等に支払う作成経費
在庫処分費 既存の事業商品在庫を専門業者に依頼して処分した際の経費
解体・処分費 既存事業の廃止に伴う設備の解体・処分費
原状回復費 借りていた設備等を返却する際に義務となっていた原状回復費用
移転・移設費用(Ⅱ型のみ計上可) 効率化のため設備等を移転・移設するために支払われる経費

公式サイト

https://www.shokei-hojo.jp/

muku.ができること

1.専門家としての相談

わたし、田中が中小企業庁のミラサポという専門家派遣ができる制度の専門家をやっています。行ける範囲であれば新潟に限らず関東圏、関西圏までお邪魔しています。

中小企業庁ミラサポ
https://www.mirasapo.jp/

2.マーケティング調査

マーケティング調査前の仮設構築〜調査まで一貫して行います。

3.広報の企画制作

広報に必要な、パンフレット、チラシ、ポスター、パッケージなどのグラフィックデザイン、ホームページやLPの制作、動画制作など広報に必要な制作物を一貫して企画制作、運用の補助まで行います。

事業承継はブランディングを実施するにもとても良いタイミングです。
温故知新、古きを知り新しきを作る。

これを機会に、ぜひ検討してみてください。

この記事を書いた人

田中 えいじ

株式会社muku.代表取締役。 デザインに経営の考え方をプラスしたブランディングサービス「Branmotion」を提唱。メガネがよく似合う。中小企業庁 ミラサポ 認定専門家。新潟県商工連合会 エキスパートバンク 認定専門家。