学生時代に出会いたかった!素敵なデザイン関連書籍の紹介:その2

こんにちは! おひさしぶりです竹之内です!

シリーズ第2弾!
今回も学生時代を懐かしみながら「大学在学中に出会いたかった書籍」というテーマで記事を書いていこうと思います!

大学在学中に出会いたかった書籍 その2

今回紹介したい本はこちら!

やってはいけないデザイン
著者:平本 久美子

2016年12月16日に初版が発行された、まだ新しめの本です。
在学中にはまだ発刊されていなかったことが惜しまれます…
SNSで話題になっていたことがきっかけでこの本を知りました。
アンテナを広げていれば、SNSはいろんな情報が入手できますね。

内容は以下の通り、やってはいけないデザインと、その手直しのビフォーアフター形式でわかりやすくまとめられています。

第1章:原稿編
第2章:レイアウト編
第3章:文字・フォント編
第4章:カラー編
第5章:写真・イラスト編

内容はこのような章の構成になっており、見やすく伝わりやすいデザインの基本がおさえられています。
名刺やチラシ・ポスターだけでなく、プレゼン用スライドの作り方や、文字原稿の言葉選びのポイントなどもまとめられています。

紙面のレイアウトから文字の選び方まで、デザインの基礎を改めて振り返って、足元を固めるきっかけになる本でした。
今後はこの本を参考に、より見やすく伝わりやすいデザインを心がけていきたいです!

以上、「大学在学中に出会いたかった書籍:その2」の紹介でした!

 

この記事を書いた人