SEOについて頭の中を整理した

ご無沙汰の更新の武田です!

最近、何かと聞かれることがポツポツあるので、
自分の中での認識や、考えの整理も兼ねて、まとめてみました。

横文字がいっぱい出てきて、記事も長いので、
気持ちを作ってから読んでみてください。

「SEO対策」について考える

皆さん口々に「エスイーオー対策しないと!」って聞くんですが、
実際のところ、どんなことをしたいか聞くと結構フワフワした感じです。

そもそも「SEO」が何かを整理すると、
「Search Engine Optimization」=「検索エンジンの最適化」です。
(検索エンジンはGoogleやYahoo!などの検索するサイトなどのことです)

これだけだとわかりにくいので、少し噛み砕いた言い方をすると、
「キーワードなどの検索で、キーワードに適したサイトが上位に出てくる」ということです。

これに対して何かしらの施策をすることを「SEO対策」と呼ばれています。

「SEO対策」は何をすることを指すのか

いろいろと施策はあるのですが、
大きく分けて2つの施策に分けることができます。

「外部対策」「内部対策」の2つです。
それぞれの詳細は後述しますが、ホームページ本体と、
ホームページを取り巻く周りのことを分けて考えていきます。

リンクをたくさん張ってもらうのは効果がない?

まだまだ私たちが働く、地方での認識は「SEO対策=外部ホームページから多くリンクを張る」という認識が強いです。
この施策自体は効果がないわけではないのですが、強い効果があるとは言い難い印象です。

検索エンジンは独自のルールを内部に持って、
インターネット上を自動で巡りながらすべてのホームページを評価しています。

この独自ルールは非公開のため、過去から現在のデータをもとに、
予測を立てて、「こういうルールじゃないか?」を実践しています。
なんだか天気予報と似ていますね。

そんなルールの中に、リンクをたくさん貼られると、
上位に上がるかもしれないというものがあります。

関連度が高いサイトや、ニュースサイトなどからのリンクは効果があると考えられているものもありますが、あまりにリンクされるサイト数が多い場合は、その限りではありません。

リンクをたくさん張ることで、
機械に高い評価のホームページだと勘違いさせられる、
というのは、もちろん大きな間違いです。

残念ながら最近の機械は頭がとてもいいので、一瞬で関係ないリンクだと判別されますし、
場合によっては検索結果降下といったペナルティもあります。

検索エンジンのルールについて

検索エンジンによってはルールの一部を公開しているところがあります。
以下は世界で最も使わている検索エンジン、Googleのルールです。
Googleのルール

しかし、このルールで書いてあることは、どういう対策をしたらいいか、
ではなく、どういうホームページづくりをしたほうが良いのか、です。

これには明確な理由があります。
それは「ホームページは検索エンジンではなく、人間が見て・使うもの」だからです。

検索結果は、検索した人が適切なホームページにたどり着いて、
検索したワードに関連して、有益な情報を得られることを目的に、
日々調整や更新が繰り返されています。

この目的に反する施策をするホームページは、
検索結果に不利益なものとして扱われ、
検索してもたどり着けないサイトになります。

外部対策について

では、どんなホームページづくりをしていったらいいのかを整理していきます。

外部対策とは、文字通りホームページの外に対する施策のことです。
主な対策として、外部に向けて、どんな情報があるページなのかをアピールすることです。
今の時代はSNSがあるので、SNSを適切に運用することで、外部に露出することができます。

ホームページを作って終わり、ってパターンが結構あるんですが、
検索してホームページを閲覧するというユーザーの導線上、
作っただけでは、誰も存在に気づいてくれません。

ホームページは公開してからがスタートラインです。

さきほども書きましたが、無意味なリンクを大量に張るのは、
ペナルティの原因になるので、月に何万もSEO業者に支払って、
リンクを張ってもらっている場合は、すこし考えたほうがいいかもしれません。

内部対策について

内部対策は少し複雑です。
内部対策の中でも大きく2つに分けることができます。
「構造」と「コンテンツ」です。

構造について

ホームページを構成する要素の文法や、設計を適切にできているか、
ということです。日本人が日本語を使い、イタリア人がイタリア語を使うように、
ホームページはhtmlという言語を使ってできています。ページ適切な構造・構成にすることで、
評価の加点対象になると考えられています。

また、スマートフォンなどへのモバイル対応や、
読み込みの速度を調整することも、評価対象になっていると考えられています。

データ的なところでいうと、ホームページは、
サイトマップと呼ばれる、ページの一覧表を持っています。
(xmlという形式になっています。)

ホームページを更新したときに、googleへサイトマップを送信することで、
検索エンジンにページの存在を伝えることができます。
送信を自動化することもできます。

ちなみに、メタキーワードと呼ばれる、
検索キーワード設定は、評価に関係ないと正式に発表されています。

コンテンツについて

コンテンツは、ページ内の内容を指します。

先述のように、検索エンジンは、
人間が検索した際に関連度の高いものを上位に出してくれます。

人間が見るということを考えれば、
ページで紹介する内容が、わかりやすい文章や構成で、
価値を正しく伝えることが大切になってきます。

機械を騙せないなら、人間を騙そうと考える人もたくさんいるのですが、
当然、検索エンジンはそれを検知してしまいます。

原稿づくりのときは少しだけ意識して、わかりやすい文章を作るようにしましょう。

つまりSEOってなんだ

ここまで読んだ人はもうわかると思いますが、
人間が検索エンジンを使うということが大事な要素になっています。

もちろんSEOで人間をコントロールすることはできません。

どうしたら、ページの内容が検索した人に伝わり、
良さを理解してもらえるかが、SEOではとても重要になっています。

SEOはページを見る人を意識して、地道な努力を重ねることで、
じわじわと効果が出るものです。

手っ取り早く検索結果に表示させるなら、キーワード広告という手もありますが、
まずはどうしたら自分たちのいいところを知ってもらえるのかを、
考えることが大切ではないかと思います。

では!

この記事を書いた人

武田 ヒロキ

Webデザイナー/ディレクター Web関連をメインに担当しています。データにちょっとうるさい。 ドアを開けるときは右手で開けて右手で閉める派